交通事故後、患者さまを悩ませる「不調」について

交通事故は、一瞬にして、多大なダメージをからだに与えます。
はじめは「無傷」「軽い打撲」などと思っていても、実は、骨格が大きくゆがんでしまっていることもあります。
事故後からだに不調が現れるまでの時間は、個人差があり、事故からしばらくたってから症状が出始める方も大勢いらっしゃいます。

けが(外傷)

「外傷」とは、「外力によって起こる身体の損傷」です。

骨折はもちろん、切り傷、すり傷などがこれにあたりますが、交通事故で体への急な衝撃により、ねんざや脱臼をすることがあります。

また運転していた場合、ハンドルで胸部を打ち打撲するという具合に、体の色々な部位に打撲を引き起こします。
打ちどころが悪ければ、骨折や靭帯を損傷したりすることもあります。

このような「外傷」は、目視、そしてレントゲンなどの外科的検査で明確になるため、比較的、診断や処置がしやすいといえます。

むちうち

交通事故の後遺症として一番多く、患者さまを悩ませるのが「ムチウチ」です。
頸椎捻挫とも言われています。

ムチウチは首や頭の痛みだけでなく、めまい、吐き気や肩こり、手足のしびれなどつらい症状を引き起こします。

ムチウチは医師でも明確な診断が難しいといわれるもので、事故直後にはなんともなかったのに、時間がたってから症状が現れることがあり、交通事故が直接の原因なのかどうかがわからなく、診断できない時もあります。

そのため、保険請求の場面などでしばしば問題になってしまうのです。

 

ムチウチによる主な症状

  • 首や腰の痛み、頭痛
  • めまい、吐き気、耳鳴り
  • 筋肉のコリやハリ
  • 手足のしびれ、ふるえ
  • 消化器系統の不具合(胃腸機能低下、食欲不振など)

そのほかに、「なんだかだるい」「すっきりしない」といった違和感など、他人に伝えにくい自覚症状がある場合もあります。
また部分的な症状だけでなく、体全体がだるい・重たいといった症状を訴えたり、何もやる気がしないという状態になる人もいます。
これらは精神的症状と診断され、うつ病の薬を処方されてしまうこともあります。

ムチウチの原因はレントゲンには映らない?!

交通事故では、直接何かが当たったり、ぶつかったり、という部分以外に痛みやしびれが起こったりもします。

それは、レントゲンには映らない、検査などでは明らかにされにくいムチウチによる症状かもしれません。
そういう方たちのほとんどに、背骨のゆがみ、骨格のゆがみが見つかります。

交通事故後のからだの不調は決してがまんしないで、交通事故施術に特化した院を受診しましょう。
交通事故の影響によるものなのか、そうでないものかを早期にはっきりさせることをお勧めします。

患者様の声|熊本交通事故施術

まだ患者様の声はありません。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせはお気軽に!自賠責保険対応。交通事故むちうち専門ダイアル0800-919-1087
ページTOPへ
帯山院アクセス

熊本市中央区帯山7-18-79

TEL:0963831087

渡鹿院アクセス

熊本市中央区渡鹿3-14-16

TEL:0963634036

上南部院HPアクセス

熊本市東区上南部4-8-26-1F

TEL:0962858007

南高江院アクセス

熊本市南区南高江2丁目11-16

TEL:096-342-5939

草木院アクセス

福岡県大牟田市草木786

TEL:0944531082